美白化粧品に含まれる成分

美白化粧品 > ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ場合の最適な濃度

ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ場合の最適な濃度

ハイドロキノン成分が配合された化粧品は美白効果が高く人気がでています。配合されている濃度が高ければ高くなるほど、劇的な効果が期待できます。 しかしながら、ハイドロキノン初心者が初めから高濃度の化粧品を利用しても問題ないのでしょうか?ここでは、ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ場合の最適な濃度に関して調べた情報をご紹介いたしましょう。
シミ取りの美白化粧品、おすすめランキング!

化粧品に配合しても良いとされる濃度は、医師の処方によるものと一般に市販されている化粧品で上限に違いがあります。 市販の化粧品では4%~5%が上限値になっています。 医師の診断に基づくもので処方されている場合は10%とかなり高濃度なものもあるようです。

実際にインターネット通販サイトなどでは10%以上の高濃度の化粧品が販売されているケースも見受けられます。 一般的に医師が処方するハイドロキノンの場合でも10%になる高濃度は珍しいと言われています。

初心者が、いきなりこういった高濃度の化粧品に手を出すのは副作用の心配が高いですしリスキーです。 参考に、具体的なハイドロキノンの配合濃度別にそれぞれの特徴をまとめてみましたので役立つと思います。

1番目は、1%~3%のハイドロキノンが配合されている化粧品です。 初心者の皆様は、まずこうした低濃度のハイドロキノン化粧品から始めてみるのがおすすめです。 このタイプなら副作用のリスクが少ないです。 中にはボディや顔全体に使える商品もあります。

2番目は、4%~5%のハイドロキノンが配合されている化粧品です。 この程度の濃度であれば一般の市販品でもセーフの濃度になります。 美容皮膚科クリニックでもよく処方される濃度です 即効性により期待が持てますが、その分肌への刺激も強いと思われます。

すでにお肌にできてしまったシミなどにスポット的に使ってみてはどうでしょうか? それによって効果を感じられた時点で使用を控えるのが無難だと思います。 特にお肌の弱いデリケートな女性は医師に相談してから使う方が間違いないでしょう。

3番目は、6%以上のハイドロキノンが配合されている化粧品です。 この濃度になりますと一般に市販されている化粧品の上限をオーバーしています。 リスクがありますから必ず医師の処方・指導のもとに使うことをお薦めいたします。

以上のように、ハイドロキノン入り化粧品を購入する場合は配合されている濃度が1%~3%のものを選ぶことが良いでしょう。 もちろんですが、配合濃度が表記されていないような粗悪な商品は避けてください。


ハイドロキノン化粧品を選ぶ場合には安定化に注目

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」とも呼ばれています。 それほど美白効果が強力なことで知られるている成分です。 しかしながら効果があるがゆえに副作用の心配がつきものであります。 ここでは、ハイドロキノン化粧品を選ぶ場合には安定化に注目することを説明いたします。

日本では2001年に薬事法が改正され規制緩和されました。 それまで医師の処方なしにハイドロキノン配合の化粧品を使うことはできませんでした。 従来型のハイドロキノン配合の化粧品でも劇的な美白効果が期待できたのは事実です。

しかしながら、効果が強いだけにお肌につけると「お肌の色が白く抜ける白斑」「赤み」「かぶれ」「ピリピリ感」といった症状が出る症例も多くありました。 その原因はハッキリしておりました。 ハイドロキノンが安定しにくい物質であるというウイークポイントがあったからです。

ハイドロキノンはとても酸化しやすくい性質があります。 熱や紫外線のダメージを受けた場合にはお肌に悪影響を与える成分に変質してしまいます。 こういった事から、従来医師が処方していたハイドロキノンはかなり慎重に使用しなければなりませんでした。

例えば、「変色に気がついたら使用を中止して廃棄してください」とか「冷蔵庫で保管しても2カ月程度しか持たない」とかです。 近頃では技術が進歩して、ハイドロキノンを副作用の心配なく安心して使えるような開発がされました。 それが「新安定型ハイドロキノン」です。

これは、従来のハイドロキノンに安定化を促進させる物質を結合させたものでウイークポイントを克服しました。 これによって光・熱・湿度の影響を受けても変質しにくい物質になり安定感もキープできます。 さらに気化するスピードも緩やかになるというプラスアルファーのおまけつきです。

刺激もマイルドでお肌にゆっくりと浸透していくようになりになりました。 モニターによるパッチテストを行った結果、お肌が赤くなったりアレルギー症状は見られなかったようです。 それでいて従来と同様の美白効果は強力にキープされている――優秀な成分が完成しました。

近頃ではハイドロキノンの安定化にこだわった化粧品がどんどんと販売されています。 新安定型ハイドロキノンなら副作用のリスクの心配もありませんから毎日安心して使えます。 安定化にこだわっているかどうかをきちんと確認してして美白のためにハイドロキノン化粧品を選ぶようにしましょう。


  洗顔用石けんをきちんと選びましょう   クレンジングの重要性について

  間違ったマッサージは美白の大敵!?